2011年11月27日

JC回顧

凱旋門賞馬の1,2着とドバイワールドカップ馬が日本で観られると会って、
多くの観客が府中競馬場に押し寄せました。
海外馬は4頭、迎え撃つ日本のGT馬は7頭。GU馬は5頭

1人気 デインドリーム 凱旋門賞馬で53Kの軽量を活かしてGT4連勝を狙う。
2人気 ブエナビスタ 現役最強牝馬(5冠馬)だが、今年は無冠。昨年の雪辱を誓う。
3人気 ペルーサ 無冠だが、末脚は脅威。

ミッションアプルーヴドがハナを切る。トーセンジョーダンもついていく。
先団 トレイルブレイザー、トゥザグローリー、キングトップガン、ブエナビスタ
   ローズキンングダム
中団 ペルーサ、シャレータ、ジャガーメイル、ジャガーメイル、エイシンフラッシュ
後方 デインドリーム、サラリンクス、オウケンブルースリ、ウインバリアシオン
最後方 ヴィクトワールピサ

1000mのラップは、1:01.8のスロー 秋天がハイペ−スだったので、スローは想定内
残り1000m付近ウインバリアシオンが外から仕掛けて、ミッションアプルーヴドに並ぶ。
ここから一気にペースが上がる。

4コーナー入口
2列目 トレイルブレイザー、トーセンジョーダン
3列目 ブエナビスタ、ローズキングダム、トゥザグローリー
4列目 ジャガーメイル、外エイシンフラッシュ
デインドリームは後方だ。

直線 ウインバリアシオンが粘る。
内トレイルブレイザー、中トーセンジョーダンが迫る。
その後ろに内、ジャガーメイル、ブエナビスタは窮屈で行き場を探す。
ブエナビスタが僅かな隙間をついて、外へ持ち出す。トゥザグローリーと並ぶ。
残り200m先頭はトーセンジョーダン、外からブエナビスタが急追。一騎打ちへ。
2頭の争いはゴールまで続くが、最後はブエナビスタがねじ伏せて完勝。
3着は2頭が作った進路に入ったジャガーメイルが入線しました。

                     騎手      タイム      着差   上がり3F  
1Aブエナビスタ         岩田      2:24.2            33.9
2Oトーセンジョーダン     ウィリアムズ   2:24.2       クビ   34.3 
3@ジャガーメイル        四位      2:24.5       1 3/4    34.0
4Dトレイルブレイザー      武豊      2:24.6       1/2    34.6
5Kウインバリアシオン      安藤勝      2:24.7       3/4    35.0

昨年の降着からアヤがつき、GTで苦杯を舐めていたブエナビスタが1年ぶりの美酒に
酔いしれました。
岩田騎手も4度目の騎乗でようやく獲れたので、ウイニイングランで泣いていました。
昨年降着にしてしまったスミヨン騎手も声を掛けていたのも印象的でした。
ブエナビスタはこれでGT6勝目、歴代で最高の女傑と言って過言ないでしょう。
これだけ一線級を保てる力には恐れいりました。しかも今がピークですから。
トーセンジョーダンも流石天皇賞馬ですね。直線の叩きあいは見ごたえがありました。
ウイリアムズ騎手の先行策も見事でした。
ジャガーメイルは7歳ですが地力がありますね。

結果を見ると、スペシャルウィーク産駒が勝って、ジャングルポケット産駒が2,3着ですから
やっぱりダービー馬が活躍するのは、競馬の面白さですね。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/237483047
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。