2011年11月13日

エリザベス女王杯回顧

今週から4週に渡って、ジャパン・オータムインターナショナルが行われます。
イギリスから強豪2頭が来日。迎え撃つ日本馬は3歳馬を筆頭に多彩なメンバー
が集まりました。

1人気 スノーフェアリー 昨年の覇者。牡馬を相手に善戦している実力ならば、連覇は堅いか?!
2人気 アヴェンチュラ 秋華賞馬。勢いならトップクラス。連勝の勢いでここも突破か?!
3人気 レーヴディソール 2歳牝馬女王。長期の休み明けだが、無敗馬なら脅威の復活も?!

大方の期待を裏切りシンメイフジが大逃げでスタート
先団 ホエールキャプチャ、アニメイトバイオ、アパパネ、グルヴェイグ、イタリアンレッド
   アヴェンチュラ、レーヴディソール
中団 ワルキューレ、ブロードストリート、レディアルバローザ、
後方 レインボーダリア、エリンコート、スノフェアリー、ダンシングレイン、フミノイマージン、
   サンテミリオン、オールザットジャズ

シンメイフジの大逃げは1000m通過 57.5の超ハイペースだが、
14馬身離れて2番手ホエールキャプチャは59秒台後半と思われるので平均より稍早めのペース
3コーナー過ぎても差は詰まらず気分良くシンメイフジが逃げる。
4コーナーで詰まるが、まだ5馬身差
2列目ホエールキャプチャ
3列目アパパネ
4列目アヴェンチュラ、アニメイトバイオ、グルヴェイグ
5列目ワルキューレ、イタリアンレッド、外レーヴディソール
スノーフェアリーは内で構える。

直線シンメイフジが粘る。
馬場の中ほどホエールキャプチャ、アパパネが迫る。
外へ持ち出したのアヴェンチュラが伸びる。
内からスノーーフェアリーが馬群に突っ込む。最内でレインボーダリアが突く。
残り100mでホエールキャプチャが先頭に出るが、
外からアパパネ、アヴェンチュラが競り合いながら交わす。
しかしその内からあざ笑うかのようにスノーフェアリーが強襲。
スノーフェアリーは、そのまま突き抜けて優勝。
アヴェンチュラは交わされてからやや詰めるも2着まで、アパパネが入線しました。
   
                 騎手     タイム        着差     上がり3F  
1Qスノーフェアリー    ムーア   2:11.6                33.8 
2@アヴェンチュラ     岩田    2:11.6        クビ      34.2
3Cアパパネ        蛯名    2:11.8         1        34.7
4Bホエールキャプチャ   池添     2:12.0      1 1/2      35.1
5Hレインボーダリア     川田    2:12.2        1      34.6

スノーフェアリーが着差は僅かですが、内容は完勝。内から強襲で差し切りました。
さすが世界を股にかける最強牝馬。あれだけの脚を魅せられると参りました。
アヴェンチュラは能力を出し切りましたが、最強牝馬に交わされてしまいました。
相手が悪かったとしか言えないですね。
アパパネは粘りを魅せて3着。前走は不甲斐ない走りでしたが、GTの舞台で好走。
5冠馬の意地を魅せてくれました。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 | Comment(1) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

スノーフェアリー、ホント凄かったですね。
残り僅かまで、見失ってましたが
中からひょこっと出てきた時はビックリでした。

3連覇が懸かる来年も、出たいみたいですね。
アパパネの牝馬GT完全制覇は実現しませんでしたが、まぁ仕方ないでしょうね。

あと、リンク変わりましたので、勝手ながらお知らせさせていただきます^^;
グダグダ競馬
http://moon.ap.teacup.com/marushin/
宜しくお願い致しますです。
Posted by まーる at 2011年11月21日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。