2011年10月30日

天皇賞回顧

18頭全てが重賞勝ち、GT馬も7頭。最高のメンバーが集まった今年の秋の天皇賞。
朝から大勢の観客が詰め寄せました。
1人気 ブエナビスタ 昨年の覇者。今年はGT未勝利。得意の府中では譲れない。
2人気 ダークシャドウ 府中は5戦5勝。この舞台ならGT初勝利も夢ではない。
3人気 エイシンフラッシュ 昨年のダービー馬 GTで好走するもあと一歩。今度こそは。

アーネストリーが稍出遅れ。逃げ宣言のシルポートが果敢に単騎逃げを狙う。
先団 ビックウィーク、エイシンフラッシュ、アーネストリーが大外からようやく追いつく。
   ローズキングダム、ミッキードリーム、
中団 ブエナビスタ、アクシオン、ダークシャドウ、トゥザグローリー、
   トーセンジョーダン、ナリタクリスタル
後方 ペルーサ、シンゲン、ダノンヨーヨー、シャドウゲイト、ジャガーメイル、
   メイショウベルーガ

1000mのラップは、シルポートが56.5の超ハイペース。後方が有利。
淀みない流れのまま、欅を過ぎて4コーナーへ

2列目 ビックウィーク
3列目 エイシンフラッシュ、アーネストリー
4列目 ローズキングダム、ミッキードリーム
5列目 ダークシャドウ、ブエナビスタ
後方 トゥザグローリー、トーセンジョーダン、やや離れてペルーサ

シルポートが逃げ込みを計るが、
エイシンフラッシュが追う。
ダークシャドウ、ブエナビスタが内の隙間に突っ込む。
外からトゥザグローリーが伸びる。大外伸びているのがトーセンジョーダン。
ペルーサが後方から大外から追い込む。
残り200m エイシンフラッシュ先頭。
トゥザグローリーが追う。
外からト−センジョーダンの末脚が爆発。ダークシャドウも割り込むが届かない。
ブエナビスタは馬群を抜けれず苦しそう。ペルーサが大外から追いつく。

ト−センジョーダン、ダークシャドウが一騎打ち。外からペルーサが押し寄せる。
トーセンジョーダンが振り切ってゴールイン。タイムは1:56.1の日本レコード!!
ダークシャドウ、ペルーサが入線しました。
ブエナビスタが4着と馬券の圏外となり波乱となりました。

                   騎手      タイム      着差   上がり3F  
1Kトーセンジョーダン      ピンナ     1:56.1            34.2
2Fダークシャドウ        ベリー     1:56.2     1/2      34.7
3Gペルーサ            横山典     1:56.3      1/2     33.9
4Dブエナビスタ          岩田      1:56.4     3/4      34.7
5Pトゥザグローリー        福永      1:56.7     1 3/4     35.0

トーセンジョーダンが日本レコードで初GT制覇。
トーセンの島川オーナーにとっても33頭目の挑戦で嬉しい初のGT勝利。
ピンナも日本、イタリアも含めてGT初勝利と初めてづくしと成りました。
池江調教師は、菊花賞、天皇賞とGTを連勝。
トーセンジョーダンはカンパニーと血統がソックリで、末脚の爆発は関係がありそうです。
この秋は王道を狙うようで、ますます楽しみです。
ダークシャドウは初めてのGT挑戦で、2位は立派でした。流石最強世代の1頭です。
府中はやはり走りますね。これからが楽しみです。
ペルーサは物凄い追い込みを魅せましたが、あと一歩でした。
でもこの秋は、GTへは賞金が足りずにどこへ進むのでしょうか?
ブエナビスタは初の馬券圏外に沈みました。
得意の筈の府中で、こも結果は意外でした。
追いきりにて、馬体が減らず、調整も今一歩だったのか。
それともJCで巻き返すのか注目です。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。