2011年10月23日

菊花賞回顧

史上7頭目三冠馬が誕生するかもしれないということで、
京都競馬場に大勢の観客が押し寄せました。
1人気 オルフェーヴル 皐月賞、東京優駿の2冠を制し、史上7頭目三冠馬を目指す。
2人気 ウインバリアシオン 東京優駿2着。ストップ3冠はこの俺だ。
3人気 トーセンラー きさらぎ賞でオルフェーヴルに先着したのは、この俺だ。

ハナを切ったのはサンビームでしたが
スタンド前で先頭はフレールジャック、サンビーム
先団 ロッカヴェラーノ、ユニバーサルバンク、ダノンマックイン、サダムパテック
   スーザングレート、オルフェーヴル、ハーバーコマンド、フェイトフルウォー
   ルイーザシアター、トーセンラー、ベルシャザール
後方 ゴットマスタング、ダノンミル、ショウナンマイティ、シゲルリジチョウ
   ウインバリアシオン

1000mは1.00.6の平均ペース馬群が大きな塊となってたんたんと進む。
オルフェーヴル向こう正面でやや下がって10番手、
マークするようにトーセンラーは外に持ち出す。ウインバリアシオンは後ろから2番手
ペースはやや緩くなり、2000m通過は2:02.7 ここで先頭はロッカヴェラーノ
坂を下ると馬群は広がり、
2列目 サダムパテック、フレールジャック、ヴェルシャザール 外オルフェーヴル
3列目 中ハーバーコマンド、外フェイトフルウォー、大外トーセンラー、
    さらに外ショウナンマイティ

4コーナーで一気に動いたオルフェーヴルは直線では早くも先頭
先頭に立った後も後続を突き放す一方だ。

必死に追うのは中ハーバーコマンド、大外トーセンラー
後方から馬群を突破してきたウインバリアシオン
オルフェーヴルの勢いは止まらず、圧勝。

ウインバリアシオンはようやく2番手、
その後トーセンラー、ハーバーコマンドが入線しました。
   
                    騎手     タイム      着差    上がり3F 
1Mオルフェーヴル         池添     3:02.8             34.6 
2Lウインバリアシオン       安藤勝     3:03.2      2 1/2     34.3
3@トーセンラー          蛯名     3:03.5     1 3/4     35.2
4Kハーバーコマンド        木村     3:03.6      クビ      35.5
5Jサダムパテック         岩田     3:03.8     1 1/2     35.9

オルフェーヴルは日本競馬史上7頭目の三冠馬と成りました。栗毛では史上初。
序盤はややかかっていたようですが、すぐに落ち着いて、中団で競馬が出来ていました。
後は落ち着いて観てられました。
今日の競馬でも終わった後に池添騎手を振り落としたようで、
やんちゃぷりは相変わらずのようです。
池添騎手は5代クラシックを完全制覇となりました。

世代トップ証明したので、これからは古馬、世界へと羽ばたいて欲しいです。
ウインバリアシオンは後方待機の競馬に徹して、直線に賭けましたが、
絶対王者には敵いませんでした。
トーセンラーはオルフェーヴルをマークしていましたが、現時点では能力差を感じました。
ハーバーコマンドは、抽選組でしたが、兵庫の名手キムタケが見事な手綱さばきで
4着に導いたのは流石でした。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231811521
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。