2011年10月16日

秋華賞回顧

桜花賞馬マルセリーナ、優駿牝馬エリンコートがトライアルで敗退し、
牝馬3冠レースの最終戦の秋華賞は混戦模様になりました。

1人気 ホエールキャプチャ トライアルは圧勝。堂々の1人気。ラスト1冠は何としても
2人気 アヴェンチュラ 夏の北海道で古馬と対戦しパワーアップ
3人気 マルセリーナ 桜花賞馬の意地

メモリアルイヤーがハナを切る
先団 セフィランサス、アヴェンチュラ、ピュアブリーゼ、カルマート、リトルダーリン
   ダイワジャンヌ、ホエールキャプチャ
中団 マイネソルシエール、リヴァーレ、マイネイザベル、スピードリッパー
後方 エリンコート、レッドエレンシア、デルマドゥルガー、マルセリーナ、アカンサス
最後方 フレンチボウ

メモリアルイヤーが軽快に飛ばし 1000m通過は58.3はハイペース
そこからはかなり離れており、2番手低下はスロー
3コーナーで各馬が接近。先頭との差は2馬身
2列目アヴェンチュラ、
3列目キョウワジャンヌ
4列目大外 ホエールキャプチャ
後方 マルセリーナは大外ぶん回す。

直線抜け出したのは、アヴェンチュラ、外キョウワジャンヌ
やや遅れて大外ホエールキャプチャ
アヴェンチュラ脚は鈍らず、後続は追いつけすに圧勝。
キョウワジャンヌ、ホエールキャプチャ

                    騎手     タイム      着差    上がり3F  
1Cアヴェンチュラ        岩田     1:58.2             34.9 
2@キョウワジャンヌ       飯田     1:58.4      1 1/4     34.8
3Kホエールキャプチャ       池添     1:58.6       1 1/4     34.7
4Lアカンサス          横山典    1:58.7       1/2      34.2
5Aリヴァーレ           江田     1:58.7      クビ      34.8

最後の一冠を制したのは、アヴェチュラでした。春は骨折で棒に振りましたが、
夏場から見事に立て直して3連勝での勝利はお見事でした。
ペース的にもスローで内目を進んだ岩田騎手の好騎乗は流石でした。
キョウワジャンヌは最内枠を利用して、見事なレース運びでした。
ホエールキャプチャは外枠とスローペースで外々を廻される展開がつらかったようです。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。