2011年05月22日

優駿牝馬回顧

3歳牝馬の頂点を決める優駿牝馬。
昨年と異なり、今年は1勝馬でも抽選で出走し、メンバーの層が低くなってしまいました。
レース当日は、10Rで小雨になり、11Rでは強い雨に変化したため、
若い牝馬にとっては過酷なレースとなってしまいました。

1人気 マルセリーナ 桜花賞馬。2冠目を狙う。
2人気 ホエールキャプチャ 阪神JFは2着、桜花賞馬2着。もう2着はいらない。
3人気 グルヴェイグ 祖母、母共にオークス馬。父はディープインパクト、夢の3代制覇へ

ホエールキャプチャが立ち遅れ。ハナを切ったのはライステラス
1コーナーで先頭は、ピュアブリーゼ
先団 ライステラス、シシリアンブリーズ、マイネソルシエール、ハブルバブル、
中団 ハッピーグラス、スピードリッパー、カルマート、エリンコート、デルマドゥルガー
   メデタシ、マイネイザベル
後方 グルヴェイグ、ホエールキャプチャ、かかり気味のマルセリーナ、バウンシーチューン
   アカンサス、サイレントソニック

軽快に飛ばすピュアブリーゼ 1000m通過 1:00.7 雨を考えれば、ハイペース
欅を過ぎると、後方も押し上げる。4コーナーへ向かう
先頭ピュアブリーゼ
2列目 ライステラス、シシリアンブリーズ
3列目 ハッピーグラス、マイネソルシエール、外スピードリッパー、
4列目 外 エリンコート
後方 内ホエールキャプチャ、大外マルセリーナ

直線 ピュアブリーゼが粘る。
坂を駆け上がってきたのはスピードリッパー、エリンコート
エリンコート内にもたれてスピードリッパーは苦しくなるが、持ち直す。
エリンコートがスピードリッパーを振り切り、ピュアブリーゼを追うが、
差がなかなか詰まらない。
後方から馬群を抜けてきたホエールキャプチャも追う。
マルセリーナも大外から来ているが、まだ5番手
ゴール前ピュアブリーゼとエリンコートが並び、外からホエールキャプチャも並ぶ。
3頭がほぼ同時にゴールイン。わずかに抜けていたのは、エリンコート!

                    騎手     タイム      着差    上がり3F  
1Cエリンコート          後藤     2:25.7             34.5 
2Qピュアブリーゼ        柴田善     2:25.7     クビ     35.3
3Kホエールキャプチャ       池添     2:25.7     ハナ     34.0
4Hマルセリーナ         安藤勝    2:26.1     2 1/2     34.3
5Mスピードリッパー       蛯名     2:26.2     クビ     35.2

ゴール前の大接戦を制したのは、エリンコートでした。
父のデュランダルは初のGT制覇となり、後藤騎手も初のクラシック制覇となりました。
レース中、照明に驚いて、内にもたれるところを、後藤騎手が修正しながらの劇走でした。
まだ、成長途中の感じですから、秋華賞も楽しみです。
ピュアブリーゼは柴田善臣の思い切った逃げで、ゴールラインで惜しくも差されてしまいましたが、
見事なスタミナを魅せてくれました。秋への飛躍が楽しみです。
ホエールキャプチャは出遅れが響いて、後方の位置取りが誤算でした。
終盤の追い込みは、流石でしたが、もう1歩届かずでした。秋こそはタイトルを取ってほしいです。
マルセリーナは序盤でかかっていたのが敗因でした。直線でも大外に持ち出し、
距離のロスが大きかったと思います。
スピードリッパーは勝馬に接触して、持ち直しての競馬でしたから、
今後の競馬に期待です。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/203144158
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。