2011年05月15日

ヴィクトリアマイル回顧

春のマイル女王決定戦。2頭の新旧女王対決となりまました。
ファンが待ち望んでいた初対決で盛り上がりました。
女の意地とプライドを賭けて、いざ勝負。

1人気 ブエナビスタ 昨年の年度代表馬。女王のプライドに賭けて譲れない。
2人気 アパパネ 偉大な3冠牝馬の威信に賭けても、得意のマイルでは負けられない。
3人気 レディアルバローザ 条件馬だった馬が、中山牝馬Sを勝って、女王に挑戦状を叩きつける。

アニメイトバイオがやや出遅れ
ハナを切ったのはオウケンサクラ
先団 エーシンリターンズ、レディアルバローザ、アンシェルブルー、アプリコットフィズ
   グランプリエンゼル、コスモネモシン
中団 ディアアレトゥーサ、ブロードストリート、ショウリュウムーン、アパパネ
後方 アニメイトバイオ、ブラボーデイジー、ブエナビスタ、ワイルドラズベリー

先頭のオウケンサクラは単騎で逃げる。600m通過は33.5 
2番手以下に6馬身も離れているので平均ペース

4コーナー先頭はオウケンサクラ単騎
2列目レディアルバローザ、エーシンリターンズ、コスモネモシン
3列目 グランプリエンゼル、アンシェルブルー
後方外 アパパネが仕掛ける。その後ろブエナビスタが突き離され仕掛けで遅れる。

直線オウケンサクラのリードがなくなって、
抜け出したのはレディアルバローザ、グランプリエンゼルが競り合う。
アンシェルブルー、エーシンリターンズが追う。
外からアパパネが末脚が炸裂する。
ブエナビスタも追いすがるが、アパパネとの差が詰まらない。
残り150m先頭はレディアルバローザ、グランプリエンゼルも粘る。
アパパネが猛然と迫る。ブエナビスタはまだ追いつけない。
残り80mでアパパネが先頭に立つ。ようやくブエナビスタも差を詰めたが
アパパネが振り切りゴールイン。
ブエナビスタ、レディアルバローザが入線しました。
ウイニングランで何度もガッツポーズをして、アピールをしていました。

                     騎手     タイム     着差  上がり3F  
1Oアパパネ             蛯名     1:31.9           34.3
2Lブエナビスタ           岩田     1:31.9      クビ   34.0
3Cレディアルバローザ       福永     1:32.0     クビ   35.0 
4Bグランプリエンゼル     ウィリアムズ  1:32.2      1 1/2   35.0 
5Dアンシェルブルー       田中勝     1:32.3     3/4   35.1

女王に輝いたのはアパパネでした。
前哨戦では負けても本番ではキッチリと勝ちきる。アパパネと蛯名のコンビ力で勝ち取った
勝利でした。勝利インタビューでの「(アパパネ)はかわいくて、最高です♥」は
4コーナーでの早めの仕掛けに辛抱してくれたアパパネへの感謝の言葉でした。
この後は安田記念に向かうとのことなので、マイル王への挑戦が楽しみです。
ブエナビスタは惜しくも2着でした。
4コーナーでアパパネに引き離されたのとマイルのレースが1年振りだったのが原因だと
思います。次の宝塚記念での復活に期待します。
レディアルバローザは初めてのGT挑戦で3着は立派でした。
先行して抜け出した時は、あわや勝ったかのようなレースっぷりでした。
これからの活躍に期待です。
グランプリエンゼル、アンシエルブルーは、先行して粘りきり、マイル適正を魅せてくれました。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。