2011年04月24日

皐月賞回顧

震災のため、関東での競馬の開催が中止になり、中山競馬場での皐月賞は
延期され、23年ぶりに東京競馬場で開催されることになりました。
トライアルにも影響が出て、調整が難しかったと思われます。

1人気 サダムパテック メンバー中唯一の重賞2勝馬。東スポ杯,弥生賞馬。
2人気 ナカヤマナイト 共同通信杯馬 東京での重賞勝ちが評価されました。
3人気 ベルシャザール ホープスルSではナカヤマナイトに先着、スプリングS2着

サダムパテック、デボネア出遅れ
ハナを切るのはエイシンオスマン、
先団 ステラロッサ、ビッグロマンス、ベルシャザール、プレイ、ダノンバラード、カフナ
中団 ダノンミル、フェイトフルウォー、ナカヤマナイト、サダムパテック
後方 リベルタス、オルフェーヴル、トーセンラー、ロッカベラーノ、デボネア、
   ノーザンリバー、オールアズワン

エイシンオスマンが単騎逃げ6馬身離す。1000m通過は1:00.3平均だが 
2番手以下が離れたためスローペースで流れる。
4コーナーになるとエイシンオスマンのペースが落ちて後続とは1馬身差

ベルシャザール、プレイ、内ステラロッサ
ダノンバラード、サダムパテック、カフナ、ナカヤマナイト、ダノンミル
オルフェーヴル、フェイトフルウォー

直線 エイシンオスマンが粘る。
中ベルシャザール 内ステラロッサ
内サダムパテック 中ダノンバラード
オルフェーブルは内から中へ進路を切り替える

ベルシャザール、プレイ、ステラロッサが追う。
外からオルフェーヴル、ダノンバラード、内にサダムパテック遅れて外ナカヤマナイト
残り200m オルフェーヴルが馬群を一気に突き抜け、他馬を置き去り圧勝。
遅れてサダムパテックがようやく馬群を抜け出し、ダノンバラードを交わして2着
に入線するのがやっとでした。


                    騎手     タイム      着差    上がり3F 
1Kオルフェーヴル         池添     2:00.6             34.2 
2Cサダムパテック          岩田     2:01.1       3      34.9
3Aダノンバラード         武豊     2:01.3     1 1/4     35.3
4Nデボネア           佐藤哲     2:01.4      3/4      34.4
5Dナカヤマナイト         柴田善     2:01.5      1/2      35.3

混戦と思われた皐月賞でしたが、終わってみれば、オルフェーヴルの圧勝でした。
ステイゴールド産駒として初のクラシック制覇となり、池添騎手も
牡馬では初のクラシックでした。
オルフェーヴルは全兄のドリームジャーニーとは違い左回りにも対応出来ました。
ピッチ走法から抜け出した後は、ストライド走法に切り替えていました。
兄は究極のピッチ走法しかできませんが、この辺りも器用ですね。
3着にもダノンバラードが入り、池江厩舎にとって最高の1日となりました。
桜花賞では松田厩舎、皐月賞では池江厩舎が1,3着となっていますね。
サダムパテックは出遅れて後方になり、直線でも狭いところに入ってしまった
のが痛かった気がします。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。