2010年10月03日

スプリンターズS回顧

秋のGTシリーズが始まりました。暮れの有馬記念まで皆さん宜しくお願いします。
香港から2頭参戦し、前哨戦は新戦力の台頭が見られたので、混戦ムードが高まりました。
1人気 グリーンバーディー セントウルSは59kを背負い2着。直線の追い込みは魅力十分。
2人気 ワンカラット サマースプリントチャンピオン。藤岡佑騎手も絶好調。
3人気 キンシャサノキセキ 高松宮記念を制覇し、ここを制してスプリント王を狙う。

ウルトラファンタジー好スタート。ラチ沿いを奪う。ローレルゲレイロ、ビービーガルダン
先団 ジェイケイセラヴィ、ヘッドライナー、ウエスタンビーナース、ワンカラット、アイルラヴァゲイン
中団 キンシャサノキセキ、マルカフェニックス、グリーンバーディー、ファイングレイン、ダッシャーゴーゴー
後方 プレミアムボックス、サンカルロ、サンダルフォン

600m通過33.3のスロー そのため馬群は一塊。内の馬は行き場のない状態
3コーナー 1列目ウルトラファンタジー、ローレルゲレイロ、ジェイケイセラヴィ
2列目 アイルラヴァゲイン、ワンカラット、ウエスタンビーナス
3列目 大外キンシャサノキセキ
4列目 内サンカルロ
4コーナー ウルトラファンタジーが突き放す。キンシャサノキセキは大外をぶん回し順位を上げる。
ダッシャーゴーゴーは強引に内に切り込む。サンカルロは窮屈になる。

直線先頭はウルトラファンタジー、ジェイケイセラヴィが粘る。
大外キンシャサノキセキが伸びる、内ダッシャーゴーゴーが突っ込む。その後ろにサンカルロ
ダッシャーゴーゴーが馬群を抜けてウルトラファンタジーと一騎打ち。
両者一歩も引かず、並んでにゴールイン。3番手キンシャノキセキ


                 騎手   タイム       着差    上がり3F  
1Fウルトラファンタジー   ライ   1:07.4                34.1 
2Mキンシャサノキセキ    四位    1:07.6     ハナ+1 1/4   33.9
3Bサンカルロ        吉田豊   1:07.7      1/2       33.6  
4Aダッシャーゴーゴー    川田    1:07.4     (2位降着)    33.5
5Gワンカラット       藤岡佑    1:07.7     クビ      34.1

写真判定の結果ウルトラファンタジーがGT初制覇。
ダッシャーゴーゴーはサンカルロの進路妨害で降着となりました。

ウルトラファンタジーは好スタートの後、一旦ペースを下げて有利にペースを進めたのが勝因でした。
初めてのGT制覇ですが、グリーンバーディーを倒した実力は本物。8歳ですから恐れ入りました。
キンシャサノキセキは大外を廻っての2着ですから流石の実力です。
サンカルロは4コーナーで進路をカットされたのが全てですね。
賞金加算できないのも痛いですが、次に期待です。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
回顧お疲れ様です!ご無沙汰してます。

ウルトラファンタジー
ダッシャーゴーゴー
キンシャサノキセキ
が表示された時、ガッツポーズまでしちゃいましたw
これも、競馬ですねw

さて、勝ったウルトラファンタジーですが
来年、セイクリッドキングダムと共に
参戦したいと陣営が語っていたそうです。
楽しみです。

日本勢は、残念でしたが
凱旋門賞のナカヤマフェスタで
一気に気分も晴れました。

ローレルゲレイロは、引退の可能性もあるみたいです…
Posted by まーる at 2010年10月05日 01:57
まーるさん。お久しぶりです。
降着の処分は厳しいけど、
不利がなければサンカルロは2着はあったでしょうね。
これも競馬です。ダッシャーゴーゴーはこれからの馬ですから立派です。
香港勢の層の厚さを感じました。
ナカヤマフェスタは惜しかったですね。
道中ぶつけられていたので、それがなければ勝っていたかもね。
蛯名騎手も好騎乗でした。
ローレルゲレイロは調教は動いているけど、
昨年の勢いが観られないですね。
Posted by エスカ at 2010年10月06日 01:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。