2010年06月27日

宝塚記念回顧

上半期の総決算の宝塚記念を振り返ります。
直前にレッドディザイアの回避は残念でしたが、
かなりの好メンバーで行われました。
前日の大雨で、馬場は心配されましたが、稍重まで回復しました。

1人気 ファン投票1位ブエナビスタ 現役牝馬最強
2人気 ファン投票10位ジャガーメイル 天皇賞馬。
3人気 ファン投票26位アーネストリー 金鯱賞馬。

スタートして、ドリームジャーニーが寄れて出遅れるがすぐに持ち直す。
ハナは逃げ宣言のナムラクレセント、
先団 アーネストリー、ロジユニヴァース、ブエナビスタ、トップカミング
   セイウンワンダー、ネヴァブション
中団 アクシオン、ジャガーメイル、イコピコ、フォゲッタブル、
   ナカヤマフェスタ、ドリームジャーニー
後方 メイショウベルーガ、マキハタサイボーグ、マイネルサンサー
最後方 スマートギア

1000mの通過は、1:00ちょうどの平均ペース。
残り800mになると馬群は固まり、ペースも上がる。
3コーナー先頭ナムラクレセント
2列目アーネストリー、ロジユニヴァース、外アクシオン
3列目 ブエナビスタ、トップカミング、外フォゲッタブル
4列目 外ナカヤアフェスタ、直後ドリームジャーニー

4コーナー 善臣がナカヤマフェスタに渾身のムチを入れる。
直線 中アーネストリーが先頭 内ブエナビスタ、外ナカヤマフェスタ
やや遅れて大外ドリームジャーニーが迫る
残り200m ブエナビスタ、が先頭争い。
外からナカヤマフェスタがいい脚で伸びる。大外ドリームジャーニー
ブエナビスタがアーネストリーに競り勝つが、
残り100m ナカヤマフェスタが鋭い伸び脚で2頭を纏めて交わす。
そのまま悠々先頭でゴールイン、ドリームジャーニーは届かず。

                     騎手     タイム    着差   上がり3F  
1Pナカヤマフェスタ        柴田善     2:13.0           35.8
2Gブエナビスタ          横山典     2:13.1   1/2      36.3
3Aアーネストリー         佐藤哲     2:13.2   1/2      36.6
4Qドリームジャーニー       池添      2:13.3   1/2      35.9 
5Bネヴァブション          後藤      2:13.5    1       36.4

夏のグランプリを制したのは人気薄のナカヤマフェスタでした。
前走から柴田善臣騎手に乗り代わり、そして栗東留学を行い
調子を整えきた陣営の見事な勝利でした。
柴田善臣は2006年のオレハマッテルゼ以来のGT勝利でした。
二宮調教師にいたっては、1998年のエルコンドルパサー以来となりました。
ブエナビスタも精一杯のレースをしましたが、2着でした。
横山典弘騎手は、定位置のGT2着が41回目となりましたw ある意味凄いw
アーネストリーはGT初挑戦が3着ですから立派ですね。これからも成長するでしょう。

上半期のGTが終わりましたが、関東馬の活躍が目立ちました。
もう西高東低は言えませんね。
2歳馬のメイクデビューも始まり、ディープインパクト産駒も勝ちました。
夏競馬も楽しみです^^秋の上がり馬を見つけたいと思います。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154677251
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

アーネストリー 馬
Excerpt: 【宝塚記念】アーネストリー3着「いい競馬だった」 ‎8 時間前‎ 2番手追走のアーネストリー。戦略通りにレースを運べたがブエナビスタが真後ろに..
Weblog: 話題の芸能人のニュース特集。
Tracked: 2010-06-28 14:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。