2010年05月30日

東京優駿回顧

近年稀に見る好メンバーが揃ったといわれた第77回日本ダービー
7611頭の頂点を決める競馬の祭典が行われました。
天気は曇り、馬場は良でしたが、若干時計が掛かる状態でした。
土曜日にダノンシャンティの取り消しが発表され1、7頭での争いとなりました。

1人気 ヴィクトワールピサ 皐月賞馬。6連勝中
2人気 ペルーサ 青葉賞を破格のタイムで圧勝。
3人気 ヒルノダムール 皐月賞2着。逆転を狙う。

スタートして、ペルーサが出遅れ、ハンソデバンドは躓くが何とか立て直す。
1コーナーでは、どの馬も様子を伺い、
2コーナー ハナはアリゼオ、シャイン、コスモファントム
3馬身離れて 先団 トゥザグローリー、ヴィクトワールピサ、ゲシュタルト
中団 ルーラーシップ、ローズキングダム、エイシンフラッシュ、
後方 ヒルノダムール、サンディエゴシチー、リルダヴァル、ハンソデバンド
ペルーサ、トーセンアレス、最後方レーヴドリアン

1000m通過は1:01.6 スローペース ここからペースはさらに緩やかに
3コーナーを廻って、コスモファントム、ヴィクトワールピサがポジションを下げる。
ペルーサは外へ出して、捲くっていく
ローズキングダム、エイシンフラッシュは動かず溜める。
4コーナー 内アリゼオ、シャイン
2列目 トゥザグローリー、大外ゲシュタルト
3列目 内ヴィクトワールピサ ルーラーシップ、外ローズキングダム
大外ペルーサ ぶん回す。
やや後方 中エイシンフラッシュ

直線 アリゼオ、トゥザグローリーが先頭
中ゲシュタルト、ローズキングダムは手ごたえ十分。ヴィクトワールピサは内から狙う。
エイシンフラッシュはその直後。外にペルーサ
残り350m 先頭は内トゥザグローリー、中ゲシュタルト、ローズキングダムが外から伸びる。
ヴィクトワールピサは内でもたつく。エイシンフラッシュが馬群を割る。
ペルーサは伸びない。

残り200m 外のローズキングダムが前に出るがエイシンフラッシュが馬群を切り裂き、一気に先頭へ。
ローズキングダムが必死に食い下がるが、引き離れていく。
ヴィクトワールピサもようやく、内から馬群を割るが3番手まで。
エイシンフラッシュがローズキングダムを振り切りゴールイン。

                     騎手     タイム      着差    上がり3F  
1@エイシンフラッシュ        内田     2:26.9           32.7
2Gローズキングダム         後藤     2:26.9    クビ      32.9 
3Fヴィクトワールピサ        岩田     2:27.2   1 3/4      33.1 
4Lゲシュタルト            池添     2:27.2     クビ      33.4 
5Bルーラーシップ          四位     2:27.2   アタマ     33.3

7611頭の頂点に立ったとのは、エイシンフラッシュでした。
究極の上がり勝負を制した末脚には脱帽です。32.7の切れ味はお見事でした。
内田騎手は今年は年明けに落馬があり、不運なスタートで、重賞にも縁がなかったのですが、
この舞台で、勝ちきるのは流石役者が違います。中央に移籍して3年目。
もうダービージョッキーの栄光を手にしました。
エイシン軍団においても初のダービーとなりました。
藤原厩舎も前日はタスカータソルテが予後不良になりましたが、苦難を乗り越えて
のダービージョッキートレーナーになりました。
ローズキングダムは、騎手が後藤に乗り代わり、直前にザセキが判明し、
出走が危ぶまれましたが、見事な成績でした。
完璧な騎乗をした後藤騎手は悔しかったでしょう。
ヴィクトワールピサ は究極の瞬発力勝負では分が悪かった感じがしました。

今年のダービーは究極の上がり勝負でしたが、レースの内容はともかく
上位2頭はかなり強いと思います。
この2頭が古馬と戦うのが楽しみです。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151732181
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。