2012年03月26日

高松宮記念回顧

中京競馬場が完全リニューアルとなり、直線も100m長くなり、平坦コースでなく
坂もできたことで、今までの中京と違った電撃6ハロンとなりました。

1人気 ロードカナロア 現在5連勝中しかも1200mは無敗。この勢いで初戴冠へ
2人気 カレンチャン 昨年の最優秀短距離馬。前走は敗退したが、巻き返す。
3人気 サンカルロ 末脚は堅実。GTは7度目の挑戦。今度こそ。

ロードカナロアが好スタート。エーシンダックマンがハナを奪う。
先団 カレンチャン、外マジンプロスパー、内ロードカナロア、レジェトウショウ
中団 ダッシャーゴーゴー、エーシンリジル、サクラゴスペル、ジョーカプチーノ
後方 サンダルフォン、グランプリエンゼル、サンカルロ、ツルマルレオン、
   タマモナイスプレイ、アポロフェニックス、トウカイミステリー、ベイリングボーイ
   アグネスウイッシュ

600m通過34.5 馬場を考慮するとハイペースか
エーシンダックマンが先頭で4コーナーに入る。
2列目 カレンチャン、内ロードカナロア
3列目 外マジンプロスパー、
4列目 外ダッシャーーゴーゴー
後方 中サンカルロ

直線 カレンチャンがエーシンダックマンに並ぶ。
直後に内ロードカナロア、中マジンプロスパー、外ダッシャーーゴーゴーが追う。

カレンチャンが抜け出す。
そして、遥か後方からサンカルロの末脚が炸裂。
見る見る差は縮まり、カレンチャンに迫る勢いだ。
しかしカレンチャンも必死で粘る。
両者並んでゴールイン。カレンチャンがしのぎきってゴールイン。

                 騎手   タイム       着差    上がり3F  
1Iカレンチャン       池添     1:10.3              35.5 
2Pサンカルロ        吉田豊     1:10.3     クビ      34.7
3@ロードカナロア      福永      1:10.4     1/2      35.4  
4Nダッシャーゴーゴー   横山典     1:10.4     クビ      35.4
5Kマジンプロスパー    浜中     1:10.6     3/4      35.7

カレンチャンが女王の座を死守。タイトル防衛。
長い直線となり、早めに抜け出した馬には不利となるはずが、
この馬には関係ありませんでした。女王としての貫禄を感じました。

サンカルロは17番枠の不利な枠もうまく裁いて伸びてきましたが、あと一歩でした。
これからも頑張ってくれそうです。
ロードカナロアはGT初挑戦で3着は立派でした。
最内枠もややきつかったかもしれません。
タグ:競馬
posted by エスカ at 00:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。