2011年12月25日

有馬記念回顧

2011年のフィーナーレを飾る有馬記念。
ペルーサの取り消し残念でしたが、
天皇賞秋同様にオールスター総出演でしたので、一層盛り上がりました。

1人気 オルフェーブル 史上7頭目の3冠馬。ここも勝って年度代表馬へ。
2人気 ブエナビスタ 最強の女傑も引退レース。有終の美を飾る。
3人気 トーセンジョーダン オールスターの天皇賞を制し、JCも2着。ここも勝つ。

スタート オルフェーヴルが出遅れ
アーネストリーがハナを切る。
先団 ヴィクトワールピサ、ブエナビスタ、トーセンジョーダン、エイシンフラッシュ
   ヒルノダムール、トゥザグローリー、レッドデイヴィズ
中団 キングトップガン、ローズキングダム、ジャガーメイル、
後方 オルフェーヴル、ルーラーシップ

1000mの通過が1:03.8の超スローペース。
向こう正面でオルフェーヴルがややポジションを上げる。後ろから数えて4番手
馬群は固まりスローペースのまま進む。しかし残り600mからペースアップ
オルフェーブルが早くも仕掛ける。
先頭はアーネストリー
2列目 ヴィトワールピサ、トーセンジョーダン
3列目 ブエナビスタ、エイシンフラッシュ、レッドデイヴィス、大外オルフェーヴル
後方 大外 ルーラーシップ

直線 アーネストリーが粘る。ヴィクトワールピサも追う。
2列目 内ブエナビスタ、エイシンフラッシュ、トーセンジョーダン、
そして外からオルフェーヴルの末脚が爆発。ブエナビスタは内ラチから行き場を失い伸びない。
先頭争いはエイシンフラッシュ、オルフェーヴルが一騎打ち!
ルーラーシップが後方から馬群を縫って伸びてきたが、前には届きそうにない。
オルフェーヴルが粘るエイシンフラッシュを振り切ってゴールイン。完勝。!
エイシンフラッシュ、トゥザグローリーが入線しました。

                     騎手     タイム    着差   上がり3F  
1Hオルフェーヴル          池添      2:36.0            33.3 
2Dエイシンフラッシュ       ルメール     2:36.1    3/4      33.6
3Fトゥザグローリー          福永       2:36.1    クビ      33.3 
4Mルーラーシップ          メンディ    2:36.2    3/4      33.2 
5Cトーセンジョーダン       ウィリアムズ    2:36.3    クビ     33.9

今年の有馬記念はオルフェーヴルが完勝で締めました。
「オルフェーヴル時代の到来です。世代の壁を難なく突破。」by船山陽司アナ
2011年を振り返ると、震災直後のスプリングSから急成長したオルーフェーヴルの
1年だったと思います。2際の頃は、あのやんちゃで頼りなかった馬が3冠馬、
ついには有馬記念まで制して重賞6連勝(GT4つ含む)。ディープインパクトまで
超えてしまったような気がします。
来年は海外への夢も広がりますが、無事に行って欲しいです。
エイシンフラッシュ 天皇賞春、有馬記念2着と頑張りましたが、GTにはあと一歩
届きませんでしたが、最強世代のダービー馬として恥じない成績だったと思います。
トゥザグローリーは最速の末脚を魅せましたが、昨年と同じく3着でした。
冬になると調子が戻って来るようです。来年も期待しています。

ブエナビスタ 本当に疲れさまでした。有馬記念は勝てずに終わってしまいましたが、
休みなく3年間走ってくれて感謝です。圧勝劇や2度の降着などもありましたが、
いつも一生懸命に走る姿が印象的でした。
これからは母馬としてGT馬を送り出して欲しいと思います。
注目のお相手はキングカメハメハになるようです。3年後が楽しみです。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

阪神JF回顧

クラシックへの登龍門になっている2歳女王決定戦が行われました。
今年は混戦模様でオッズも割れていました。

1人気 サウンドオブハート 新馬、OPと連勝中。
2人気 エピセアローム 小倉2歳S馬
3人気 ラシンフィランテ 新馬、500万下勝。

スタートでスイートスズランが大きく出遅れ。
ハナはファインチョイス、アイムユアーズ、、
先団 エイシンキンチェム、ラシンフィランテ
   アンチュラス、レディーメグネイト、サウンドオブハート、
   アナスタシアブルー、エピセアローム
中団 イチオクノホシ、アラフネ、ジョワドヴィーヴル
後方 トーセンベニザクラ、プレタノート、ガーネットチャーム
   マイネボヌール

600m通過 35.8のスローペース
3コーナーに入ると、後方が押し上げ、一団の状態

1列目 ファインチョイス、ラシンフィランテ、サウンドオブハート
2列目 アンチュラス、アイムユアーズ、エピセアローム
中団 中イチオクノホシ、外ジョワドヴィーヴルが捲くる。

直線 ファインチョイス、ラシンフィランテ、サウンドオブハートが競り合う。
外からジョワドヴィーヴルが伸びる。他馬を並ぶもなく交わして楽勝。
2番手争いは、アイムユアーズがサウンドオブハートが交わした所がゴールでした。

                  騎手     タイム      着差     上がり3F  
1Lジョワドヴィーヴル    福永      1:34.9                34.1
2Jアイムユアーズ     メンディ     1:35.3        2 1/2      34.9
3Qサウンドオブハート    武豊      1:35.3        ハナ      35.0
4Gイチオクノホシ     デムーロ     1:35.4       1/2       34.5
5@アンチュエアス      川田       1:35.4       クビ      34.8

2歳女王はジョワドヴィーヴルでした。これで母、姉妹制覇となりました。
全く素晴らしい血統です。これぞ血統の成せる技なのでしょう。
来年のクラシックが楽しみです。
アイムユアーズは前々で進めて、最後は勝負根性を魅せて2着に入りましたから、
これからが期待できます。
サウンドオブハートはよく粘っていたと思うし、18番枠でなければまた違った競馬
になるでしょうから、これからだと思います。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

JCダート回顧

スマートファルコンの参戦がなく、4強の戦いは持越しとなってしまいましたが
2強の争いとなり、その間に入ろうとする馬も多数参戦し、熱戦となりました。

1人気 トランセンド 成績が安定し、絶対王者として負けられない。
2人気 エスポワールシチー 一昨年の王者、勝って完全復活宣言を。
3人気 ヤマニンキングリー シリウスS1着 ダート初戦で重賞勝ちなら未知の魅力十分。

スタートして、ニホンピロアワーズ、トウショウフリーク、
エスポワールシチー、大外からトランセンドの4頭がハナを狙う。
1コーナーの争いは激しく、外のトランセンドがハナを奪う。
ニホンピロアワーズは若干躓くが特に問題はなさそう。審議のランプ点灯。

先団 エスポワールシチー、トウショウフリーク、ニホンピロアワーズ、ラヴェリータ
中団 バーディバーディ、ソリタリーキング、ダノンカモン、ダイショウジェット、
   ワンダアキュート、ミラクルレジェンド、フリソ、
後方 テスタマッタ、エイシンダッシュ、マカニビスティー、ヤマニンキングリー

序盤にやりあった割には、ペースは落ち着き、1000m通過は1:00.9 平均ペース
3コーナー外からテスタマッタ仕掛ける。ペースが上がる。

1列目 トランセンド、エスポワールシチー
2列目 ラヴェリータ、ニホンピロアワーズ、トウショウフリーク、ダノンカモン、
    大外テスタマッタ
3列目 ソリタリーキング、バーディバーディ
後方 内ワンダーアキュート 外ヤマニンキングリー

直線、トランセンド、エスポワールシチーの一騎打ちだ。
ラヴァエリータは内から追う。ニホンピロアワーズも追いすがる。
外からヤマニンキングリーが追い込む。内でワンダーアキュートも狙う。

残り100m トランセンドが振り切り、優勝は確定。
狭い馬群を突破してくるのはワンダアキュート。
エスポワールシチーが喰らいつこうとするが、ワンダアキュートに交わされて3着でした。

                  騎手     タイム      着差    上がり3F  
1Oトランセンド        藤田        1:50.6             37.4
2Hワンダーアキュート    和田        1:50.9      2        36.8
3Eエスポワールシチー    佐藤哲      1:50.9    ハナ      37.6
4Cラヴェリータ        武豊        1:51.0    1/2      37.5
5Lダノンカモン        福永        1:51.1    クビ      37.5

1コーナーで審議の対象となってしまいましたが、終始安定したレース運びで、
逃げ切り完勝でした。
このレースだけでなく1年を通して安定していたので、この馬の成長を感じました。
ぜひともドバイで優勝を狙って欲しいです。
ワンダアキュートは今年になって東海Sを制し、強くなってきました。
序盤で躓いて後方の位置取りになったのがもったいなかったですね。
直線での馬群突破はお見事でした。和田騎手のダートは流石に巧いです。
エスポワールシチーは最後はトランセンドに振り切られてしまいましたが、
調子は戻っていますね。真っ向勝負で負けたのですから仕方がありません。
勝てるチャンスはまた来ると思うので頑張って欲しいです。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。