2011年10月30日

天皇賞回顧

18頭全てが重賞勝ち、GT馬も7頭。最高のメンバーが集まった今年の秋の天皇賞。
朝から大勢の観客が詰め寄せました。
1人気 ブエナビスタ 昨年の覇者。今年はGT未勝利。得意の府中では譲れない。
2人気 ダークシャドウ 府中は5戦5勝。この舞台ならGT初勝利も夢ではない。
3人気 エイシンフラッシュ 昨年のダービー馬 GTで好走するもあと一歩。今度こそは。

アーネストリーが稍出遅れ。逃げ宣言のシルポートが果敢に単騎逃げを狙う。
先団 ビックウィーク、エイシンフラッシュ、アーネストリーが大外からようやく追いつく。
   ローズキングダム、ミッキードリーム、
中団 ブエナビスタ、アクシオン、ダークシャドウ、トゥザグローリー、
   トーセンジョーダン、ナリタクリスタル
後方 ペルーサ、シンゲン、ダノンヨーヨー、シャドウゲイト、ジャガーメイル、
   メイショウベルーガ

1000mのラップは、シルポートが56.5の超ハイペース。後方が有利。
淀みない流れのまま、欅を過ぎて4コーナーへ

2列目 ビックウィーク
3列目 エイシンフラッシュ、アーネストリー
4列目 ローズキングダム、ミッキードリーム
5列目 ダークシャドウ、ブエナビスタ
後方 トゥザグローリー、トーセンジョーダン、やや離れてペルーサ

シルポートが逃げ込みを計るが、
エイシンフラッシュが追う。
ダークシャドウ、ブエナビスタが内の隙間に突っ込む。
外からトゥザグローリーが伸びる。大外伸びているのがトーセンジョーダン。
ペルーサが後方から大外から追い込む。
残り200m エイシンフラッシュ先頭。
トゥザグローリーが追う。
外からト−センジョーダンの末脚が爆発。ダークシャドウも割り込むが届かない。
ブエナビスタは馬群を抜けれず苦しそう。ペルーサが大外から追いつく。

ト−センジョーダン、ダークシャドウが一騎打ち。外からペルーサが押し寄せる。
トーセンジョーダンが振り切ってゴールイン。タイムは1:56.1の日本レコード!!
ダークシャドウ、ペルーサが入線しました。
ブエナビスタが4着と馬券の圏外となり波乱となりました。

                   騎手      タイム      着差   上がり3F  
1Kトーセンジョーダン      ピンナ     1:56.1            34.2
2Fダークシャドウ        ベリー     1:56.2     1/2      34.7
3Gペルーサ            横山典     1:56.3      1/2     33.9
4Dブエナビスタ          岩田      1:56.4     3/4      34.7
5Pトゥザグローリー        福永      1:56.7     1 3/4     35.0

トーセンジョーダンが日本レコードで初GT制覇。
トーセンの島川オーナーにとっても33頭目の挑戦で嬉しい初のGT勝利。
ピンナも日本、イタリアも含めてGT初勝利と初めてづくしと成りました。
池江調教師は、菊花賞、天皇賞とGTを連勝。
トーセンジョーダンはカンパニーと血統がソックリで、末脚の爆発は関係がありそうです。
この秋は王道を狙うようで、ますます楽しみです。
ダークシャドウは初めてのGT挑戦で、2位は立派でした。流石最強世代の1頭です。
府中はやはり走りますね。これからが楽しみです。
ペルーサは物凄い追い込みを魅せましたが、あと一歩でした。
でもこの秋は、GTへは賞金が足りずにどこへ進むのでしょうか?
ブエナビスタは初の馬券圏外に沈みました。
得意の筈の府中で、こも結果は意外でした。
追いきりにて、馬体が減らず、調整も今一歩だったのか。
それともJCで巻き返すのか注目です。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

菊花賞回顧

史上7頭目三冠馬が誕生するかもしれないということで、
京都競馬場に大勢の観客が押し寄せました。
1人気 オルフェーヴル 皐月賞、東京優駿の2冠を制し、史上7頭目三冠馬を目指す。
2人気 ウインバリアシオン 東京優駿2着。ストップ3冠はこの俺だ。
3人気 トーセンラー きさらぎ賞でオルフェーヴルに先着したのは、この俺だ。

ハナを切ったのはサンビームでしたが
スタンド前で先頭はフレールジャック、サンビーム
先団 ロッカヴェラーノ、ユニバーサルバンク、ダノンマックイン、サダムパテック
   スーザングレート、オルフェーヴル、ハーバーコマンド、フェイトフルウォー
   ルイーザシアター、トーセンラー、ベルシャザール
後方 ゴットマスタング、ダノンミル、ショウナンマイティ、シゲルリジチョウ
   ウインバリアシオン

1000mは1.00.6の平均ペース馬群が大きな塊となってたんたんと進む。
オルフェーヴル向こう正面でやや下がって10番手、
マークするようにトーセンラーは外に持ち出す。ウインバリアシオンは後ろから2番手
ペースはやや緩くなり、2000m通過は2:02.7 ここで先頭はロッカヴェラーノ
坂を下ると馬群は広がり、
2列目 サダムパテック、フレールジャック、ヴェルシャザール 外オルフェーヴル
3列目 中ハーバーコマンド、外フェイトフルウォー、大外トーセンラー、
    さらに外ショウナンマイティ

4コーナーで一気に動いたオルフェーヴルは直線では早くも先頭
先頭に立った後も後続を突き放す一方だ。

必死に追うのは中ハーバーコマンド、大外トーセンラー
後方から馬群を突破してきたウインバリアシオン
オルフェーヴルの勢いは止まらず、圧勝。

ウインバリアシオンはようやく2番手、
その後トーセンラー、ハーバーコマンドが入線しました。
   
                    騎手     タイム      着差    上がり3F 
1Mオルフェーヴル         池添     3:02.8             34.6 
2Lウインバリアシオン       安藤勝     3:03.2      2 1/2     34.3
3@トーセンラー          蛯名     3:03.5     1 3/4     35.2
4Kハーバーコマンド        木村     3:03.6      クビ      35.5
5Jサダムパテック         岩田     3:03.8     1 1/2     35.9

オルフェーヴルは日本競馬史上7頭目の三冠馬と成りました。栗毛では史上初。
序盤はややかかっていたようですが、すぐに落ち着いて、中団で競馬が出来ていました。
後は落ち着いて観てられました。
今日の競馬でも終わった後に池添騎手を振り落としたようで、
やんちゃぷりは相変わらずのようです。
池添騎手は5代クラシックを完全制覇となりました。

世代トップ証明したので、これからは古馬、世界へと羽ばたいて欲しいです。
ウインバリアシオンは後方待機の競馬に徹して、直線に賭けましたが、
絶対王者には敵いませんでした。
トーセンラーはオルフェーヴルをマークしていましたが、現時点では能力差を感じました。
ハーバーコマンドは、抽選組でしたが、兵庫の名手キムタケが見事な手綱さばきで
4着に導いたのは流石でした。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

秋華賞回顧

桜花賞馬マルセリーナ、優駿牝馬エリンコートがトライアルで敗退し、
牝馬3冠レースの最終戦の秋華賞は混戦模様になりました。

1人気 ホエールキャプチャ トライアルは圧勝。堂々の1人気。ラスト1冠は何としても
2人気 アヴェンチュラ 夏の北海道で古馬と対戦しパワーアップ
3人気 マルセリーナ 桜花賞馬の意地

メモリアルイヤーがハナを切る
先団 セフィランサス、アヴェンチュラ、ピュアブリーゼ、カルマート、リトルダーリン
   ダイワジャンヌ、ホエールキャプチャ
中団 マイネソルシエール、リヴァーレ、マイネイザベル、スピードリッパー
後方 エリンコート、レッドエレンシア、デルマドゥルガー、マルセリーナ、アカンサス
最後方 フレンチボウ

メモリアルイヤーが軽快に飛ばし 1000m通過は58.3はハイペース
そこからはかなり離れており、2番手低下はスロー
3コーナーで各馬が接近。先頭との差は2馬身
2列目アヴェンチュラ、
3列目キョウワジャンヌ
4列目大外 ホエールキャプチャ
後方 マルセリーナは大外ぶん回す。

直線抜け出したのは、アヴェンチュラ、外キョウワジャンヌ
やや遅れて大外ホエールキャプチャ
アヴェンチュラ脚は鈍らず、後続は追いつけすに圧勝。
キョウワジャンヌ、ホエールキャプチャ

                    騎手     タイム      着差    上がり3F  
1Cアヴェンチュラ        岩田     1:58.2             34.9 
2@キョウワジャンヌ       飯田     1:58.4      1 1/4     34.8
3Kホエールキャプチャ       池添     1:58.6       1 1/4     34.7
4Lアカンサス          横山典    1:58.7       1/2      34.2
5Aリヴァーレ           江田     1:58.7      クビ      34.8

最後の一冠を制したのは、アヴェチュラでした。春は骨折で棒に振りましたが、
夏場から見事に立て直して3連勝での勝利はお見事でした。
ペース的にもスローで内目を進んだ岩田騎手の好騎乗は流石でした。
キョウワジャンヌは最内枠を利用して、見事なレース運びでした。
ホエールキャプチャは外枠とスローペースで外々を廻される展開がつらかったようです。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

南部杯 回顧

本来は盛岡競馬場で開催する南部杯。
しかし、東日本大地震で大被害を受けた岩手競馬を支援するため、
今年は東京競馬場で開催されました。

1人気 トランセンド ドバイで大接戦を演じたダート王
2人気 エスポワールシチー 近走は不振だが前ダート王
3人気 ダノンカモン フェブラリーSは4着だが府中は得意の舞台。

エスポワールシチーが好スタート
先団 トランセンド、バーディバーディ、ブラボーデイジー、ダノンカモン
中団 ワキノカイザー、オーロマイスター、ボレアス、
後方 シルクフォーチュン、ダイショウッジェット、ランフォルセ、クリールパッション
600m通過34.3 かなりのハイペース

直線エスポワールシチーが突き放す。
追ってくるのはトランセンド、ダノンカモンが競り合う。
後方からシルクフォーチュンが猛前と迫る。纏めて3頭を交わす勢いだ。
しかしシルクフォーチュンの末脚がやや鈍る。
激しい競り合いから抜け出したのは、ダノンカモン。トランセンドが返す刀で抜き返す。
エスポワールシチーは脱落。
2頭が競り合っているとシルクフォーチュンが息を吹き返し、この2頭に迫る。
トランセンド、ダノンカモンが並んでゴールイン。体制はトランセンドがやや有利か
遅れてシルクフォーチュン、エスポワールシチーが入線しました。

                  騎手     タイム      着差    上がり3F  
1Kトランセンド        藤田        1:34.8             36.8
2Eダノンカモン        福永        1:34.8     アタマ      36.6
3Gシルクフォーチュン     藤岡康       1:34.9     1/2      36.3
4Fエスポワールシチー     松岡        1:35.1    1 1/2     37.3
5Kダイショウジェット      柴山        1:35.7    3 1/2      36.9

トランセンドが苦しみながら執念で王者を死守。粘り強い競馬を魅せてくれました。
この後はJBCクラシック、JCダートが予定されています。
ダノンカモンは、一時は先頭に踊り出ましたが、僅かの差で王者に届きませんでした。
着実に力を着けています。
3着はシルクフォーチュンは最速の上がりを繰り出しましたが、僅かに届きませんでした。
3歳の頃の勢いが復活してきました。1600mは若干長い気がします。1400mなら
尚差し足が活きそうです。
エスポワールシチーはハイペースで終始レースを引っ張り、勝てそうでしたが、
直線でも後続を突き放していましたが、ゴール手前で交わされてしまいました。
このレースをしてくれれば復活は近いです。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

スプリンターズS回顧

秋のGTシリーズが始まりました。暮れの有馬記念まで皆さん宜しくお願いします。
今年のメンバーは香港から2頭参戦し、そして最強の短距離馬「ロケットマン」が
参戦し、GT開幕として、大きな目玉になりました。

1人気 ロケットマン 完全21連対という成績まで引っさげてやってきた超大物。
2人気 ダッシャーゴーゴー GTで2度の降着。今度こそは
3人気 カレンチャン 4連勝中(内重賞3つ)の上がり馬。

ファンファーレ中の枠入りの最中にビービーガルダンが放馬に競走除外。
そのため2回目のファンファーレが鳴るという珍事件が発生しました。

スタートして、ヘッドライナー、パドトロワがハナを争う。
先団 エーシンリジル、ロケットマン、ラッキーナイン
中団 エーシンヴァーゴウ、フィフスペトル、カレンチャン
後方 ダッシャーゴーゴー、グリーンバーディー、サンカルロ、アーバニティ
   サンダルフォン、トウカイミステリー

600m通過33.0の稍スロー
3コーナー 1列目パドトロワ、ヘッドライナー
2列目 ラッキーナイン、エーシンヴァーゴウ
3列目 ロケットマン
4列目 外カレンチャン、内フィフスペトル
後方中 ダッシャーゴーゴー、外グリーンバーディー

直線 パドトロワが粘る。外エーシンヴァーゴウ、大外カレンチャンが激しく競り合う。
ロケットマンは馬群の中でもがいている。
3頭の争いはゴール板まで続くかと思われたが、
カレンチャンが力強く抜け出しゴールイン。
離れてパドトロワ、エーシンヴァーゴウが並んで入線しました。

                 騎手   タイム       着差    上がり3F  
1Iカレンチャン       池添     1:07.4              33.8 
2Bパドトロワ        安藤勝    1:07.7     1 3/4      34.6
3Mエーシンヴァーゴウ   福永     1:07.7     ハナ      34.3  
4Dロケットマン       コーツィ    1:07.8     1/2      34.5
5@ラッキーナイン     プレブル    1:07.9    クビ     34.5

カレンチャンが怒涛の5連勝で、短距離王に輝きました。
夏は惜しくもサマーチャンピオン逃しましたが、着実に力をつけていました。
今回のレースは、出遅れ気味の中団からの競馬で4角で外を廻っての抜け出しですから
完勝でした。全国のカレンチャン代表としてこれからも期待します。
18歳の演歌歌手カレンも頑張っていますから。

2着のパドトロワは4角でラッキーナインの進路を一瞬妨害したような感じでしたが、直ぐに
避けたので、2着のままだったのかなと思いますがどうなんでしょう?
積極的に先行したレース運びで好走していました。
3着のエーシンヴァーゴウはサマーチャンピオンの勢いがよく持続しました。
本当は疲労が激しい筈なのにホントにタフな女の子です。
ロケットマンは挟まれて勢いが急になくなった感じでしたね。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。