2011年05月29日

東京優駿回顧

今年も7458頭の頂点を決める競馬の祭典が行われました。
関東地方は例年よりも早く梅雨に入り、台風の大雨・不良馬場の中で行われました。
1人気 オルフェーヴル 皐月賞を圧勝。2冠目を狙う。
2人気 サダムパテック 皐月賞は直線の不利があっての2着。雪辱を誓う。
3人気 デボネア 皐月賞4着 デットーリ効果で、人気が急上昇。

スタートして、ハナを切ったのはオールアズワン
先団 ノーザンリバー、ショウナンパルフェ、ユニバーサルバンク、トーセンレーヴ、
   ベルシャザール、ト−センラー
中団 フェイトフルウォー、サダムパテック、エーシンジャッカル、ナカヤマナイト
   デボネア、クレスコグランド、オルフェーヴル
後方 ウインバリアシオン、ロッカベラーノ、コティリオン、リベルタスは置かれ気味

飛ばすオールアズワン 1000m通過は1:02.4 馬場を考えると稍ハイペース。後続は平均ペース
淡々と流れて、4コーナーへ
2列目 トーセンラー、ノーザンリバー、ショウナンパルフェ
3列目 ベルシャザール、ユニバーサルバンク
4列目 トーセンレーヴ、クレスコグランド、サダムパテック、デボネア
後方 大外ナカヤマナイト その内にオルフェーヴル、
さらに内の後方にウインバリアシオン

直線オールアズワンが粘る。
ベルシャザールが差を詰める。
後方でオルフェーヴルとナカヤマナイトが接触するが、両者怯まず追い込む。
大外 ウインバリアシオンが猛然と追い込む。
オルフェーヴルが内に潜り込んで、一気に馬群を切り裂き、残り200mで先頭へ
ウインバリアシオンが大外からオルフェーヴルに詰め寄るが2馬身差は変わらず、
オルフェーブル圧勝。ウインバリアシオンが入線しました。

                    騎手     タイム      着差    上がり3F 
1Dオルフェーヴル         池添     2:30.5             34.8 
2@ウインバリアシオン       安藤勝     2:30.8      1 3/4     34.7
3Fベルシャザーツ         後藤     2:31.9      7       36.7
4Iナカヤマナイト         柴田善     2:32.0      クビ      36.4
5Eクレスコグランド        浜中     2:32.0     アタマ     36.7

7458頭の頂点に立ったのはオルフェーヴルでした。皐月賞、東京優駿で2冠達成
皐月賞で魅せた切れ味は、不良馬場でも健在でした。直線は1度よろけそうになりましたが、
持ち前の根性で、馬群を切り裂き圧勝。
記録面では、ステイゴールド産駒にとって初のクラシック制覇。
池添騎手は7回目の騎乗で、ウイニングランで涙を流し、ダービージョッキーとなりました。
池江泰寿調教師(42歳)は最年少ダービートレーナー、今春引退した父親の
池江泰郎元調教師に続いて親子2代でダービー制覇となりました。
ウインバリアシオンは最速の上がりを披露しましたが、惜しくも2着でした。
青葉賞勝馬は2着の壁を今年も敗れませんでした。次には雪辱を果たして欲しいです。
ベルシャザールは皐月賞では人気を裏切りましたが、今回は3着と巻き返しました。
後藤騎手も先週に続いての活躍で波に乗っています。
ナカヤマナイトは善臣騎手の根性が感じられました。秋に期待です。
クレコグランドは初勝利が3/26なのに5着入賞は立派でした。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

優駿牝馬回顧

3歳牝馬の頂点を決める優駿牝馬。
昨年と異なり、今年は1勝馬でも抽選で出走し、メンバーの層が低くなってしまいました。
レース当日は、10Rで小雨になり、11Rでは強い雨に変化したため、
若い牝馬にとっては過酷なレースとなってしまいました。

1人気 マルセリーナ 桜花賞馬。2冠目を狙う。
2人気 ホエールキャプチャ 阪神JFは2着、桜花賞馬2着。もう2着はいらない。
3人気 グルヴェイグ 祖母、母共にオークス馬。父はディープインパクト、夢の3代制覇へ

ホエールキャプチャが立ち遅れ。ハナを切ったのはライステラス
1コーナーで先頭は、ピュアブリーゼ
先団 ライステラス、シシリアンブリーズ、マイネソルシエール、ハブルバブル、
中団 ハッピーグラス、スピードリッパー、カルマート、エリンコート、デルマドゥルガー
   メデタシ、マイネイザベル
後方 グルヴェイグ、ホエールキャプチャ、かかり気味のマルセリーナ、バウンシーチューン
   アカンサス、サイレントソニック

軽快に飛ばすピュアブリーゼ 1000m通過 1:00.7 雨を考えれば、ハイペース
欅を過ぎると、後方も押し上げる。4コーナーへ向かう
先頭ピュアブリーゼ
2列目 ライステラス、シシリアンブリーズ
3列目 ハッピーグラス、マイネソルシエール、外スピードリッパー、
4列目 外 エリンコート
後方 内ホエールキャプチャ、大外マルセリーナ

直線 ピュアブリーゼが粘る。
坂を駆け上がってきたのはスピードリッパー、エリンコート
エリンコート内にもたれてスピードリッパーは苦しくなるが、持ち直す。
エリンコートがスピードリッパーを振り切り、ピュアブリーゼを追うが、
差がなかなか詰まらない。
後方から馬群を抜けてきたホエールキャプチャも追う。
マルセリーナも大外から来ているが、まだ5番手
ゴール前ピュアブリーゼとエリンコートが並び、外からホエールキャプチャも並ぶ。
3頭がほぼ同時にゴールイン。わずかに抜けていたのは、エリンコート!

                    騎手     タイム      着差    上がり3F  
1Cエリンコート          後藤     2:25.7             34.5 
2Qピュアブリーゼ        柴田善     2:25.7     クビ     35.3
3Kホエールキャプチャ       池添     2:25.7     ハナ     34.0
4Hマルセリーナ         安藤勝    2:26.1     2 1/2     34.3
5Mスピードリッパー       蛯名     2:26.2     クビ     35.2

ゴール前の大接戦を制したのは、エリンコートでした。
父のデュランダルは初のGT制覇となり、後藤騎手も初のクラシック制覇となりました。
レース中、照明に驚いて、内にもたれるところを、後藤騎手が修正しながらの劇走でした。
まだ、成長途中の感じですから、秋華賞も楽しみです。
ピュアブリーゼは柴田善臣の思い切った逃げで、ゴールラインで惜しくも差されてしまいましたが、
見事なスタミナを魅せてくれました。秋への飛躍が楽しみです。
ホエールキャプチャは出遅れが響いて、後方の位置取りが誤算でした。
終盤の追い込みは、流石でしたが、もう1歩届かずでした。秋こそはタイトルを取ってほしいです。
マルセリーナは序盤でかかっていたのが敗因でした。直線でも大外に持ち出し、
距離のロスが大きかったと思います。
スピードリッパーは勝馬に接触して、持ち直しての競馬でしたから、
今後の競馬に期待です。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

ヴィクトリアマイル回顧

春のマイル女王決定戦。2頭の新旧女王対決となりまました。
ファンが待ち望んでいた初対決で盛り上がりました。
女の意地とプライドを賭けて、いざ勝負。

1人気 ブエナビスタ 昨年の年度代表馬。女王のプライドに賭けて譲れない。
2人気 アパパネ 偉大な3冠牝馬の威信に賭けても、得意のマイルでは負けられない。
3人気 レディアルバローザ 条件馬だった馬が、中山牝馬Sを勝って、女王に挑戦状を叩きつける。

アニメイトバイオがやや出遅れ
ハナを切ったのはオウケンサクラ
先団 エーシンリターンズ、レディアルバローザ、アンシェルブルー、アプリコットフィズ
   グランプリエンゼル、コスモネモシン
中団 ディアアレトゥーサ、ブロードストリート、ショウリュウムーン、アパパネ
後方 アニメイトバイオ、ブラボーデイジー、ブエナビスタ、ワイルドラズベリー

先頭のオウケンサクラは単騎で逃げる。600m通過は33.5 
2番手以下に6馬身も離れているので平均ペース

4コーナー先頭はオウケンサクラ単騎
2列目レディアルバローザ、エーシンリターンズ、コスモネモシン
3列目 グランプリエンゼル、アンシェルブルー
後方外 アパパネが仕掛ける。その後ろブエナビスタが突き離され仕掛けで遅れる。

直線オウケンサクラのリードがなくなって、
抜け出したのはレディアルバローザ、グランプリエンゼルが競り合う。
アンシェルブルー、エーシンリターンズが追う。
外からアパパネが末脚が炸裂する。
ブエナビスタも追いすがるが、アパパネとの差が詰まらない。
残り150m先頭はレディアルバローザ、グランプリエンゼルも粘る。
アパパネが猛然と迫る。ブエナビスタはまだ追いつけない。
残り80mでアパパネが先頭に立つ。ようやくブエナビスタも差を詰めたが
アパパネが振り切りゴールイン。
ブエナビスタ、レディアルバローザが入線しました。
ウイニングランで何度もガッツポーズをして、アピールをしていました。

                     騎手     タイム     着差  上がり3F  
1Oアパパネ             蛯名     1:31.9           34.3
2Lブエナビスタ           岩田     1:31.9      クビ   34.0
3Cレディアルバローザ       福永     1:32.0     クビ   35.0 
4Bグランプリエンゼル     ウィリアムズ  1:32.2      1 1/2   35.0 
5Dアンシェルブルー       田中勝     1:32.3     3/4   35.1

女王に輝いたのはアパパネでした。
前哨戦では負けても本番ではキッチリと勝ちきる。アパパネと蛯名のコンビ力で勝ち取った
勝利でした。勝利インタビューでの「(アパパネ)はかわいくて、最高です♥」は
4コーナーでの早めの仕掛けに辛抱してくれたアパパネへの感謝の言葉でした。
この後は安田記念に向かうとのことなので、マイル王への挑戦が楽しみです。
ブエナビスタは惜しくも2着でした。
4コーナーでアパパネに引き離されたのとマイルのレースが1年振りだったのが原因だと
思います。次の宝塚記念での復活に期待します。
レディアルバローザは初めてのGT挑戦で3着は立派でした。
先行して抜け出した時は、あわや勝ったかのようなレースっぷりでした。
これからの活躍に期待です。
グランプリエンゼル、アンシエルブルーは、先行して粘りきり、マイル適正を魅せてくれました。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

NHKマイルC回顧

今年もやってきた東京GT5。第一弾はNHKマイルC
天気は初夏のような快晴。良馬場で行われました。

1人気 グランプリボス 2歳王者 今年は勝利なし。折り合いが鍵か
2人気 コティリオン 毎日杯2着,末脚が堅実な最強の1勝馬
3人気 エーシンジャッカル NZT2着馬 今年の成績が上り調子

コティリオンがダッシュがつかない。
フォーエバーマークがハナを奪う。
先団 クリアンサス、エイシンオスマン、リキサンマックス、プレイ、ヘニーハウンド
中団 テイエムオオタカ、グランプリボス、リアルインパクト、ダンスファンタジア
   ロビンフット、アイヴィリーグ、マイネルラクリマ
後方 アドマイヤサガス、エーシンジャッカル 離れてオメガブレイン、最後方コティリオン

先頭のフォーエバーマーク 600m通過は33.9 稍ハイペース
大欅を過ぎると馬群は固まり
先頭はフォーエバーマーク
2列目 エイシンオスマン、クリアンサス
3列目 リキサンマックス、外プレイ
4列目 リアルインパクト、中グランプリボス
後方大外 コティリオン

直線 フォーエバーマークが粘る。
エイシンオスマンが追う。
グランプリボスが馬群の中を抜ける。内にリアルインパクト
後方からコティリオンが豪脚で追い込む。

残り200m フォーエバーマークが尚も先頭
グランプリボスが末脚が伸び、先頭を捉える勢いで残り100mで先頭へ
大外からコティリオンも迫るがグランプリボスには届きそうにない。
内の馬群を割ったリアルインパクトが3番手に入線しました。

                  騎手      タイム      着差     上がり3F
1Lグランプリボス      ウィリアム     1:32.2              34.0
2Pコティリオン        小牧        1:32.4      1 1/2     33.4
3@リアルインパクト      内田        1:32.5        3/4     34.2
4Bエイシンオスマン      後藤       1:32.6       3/4      34.7
5Gプレイ             柴田大       1:32.7       クビ      34.8

混戦が予想されましたが、終わってみればグランプリボスの圧勝でした。
今年は折り合いに苦労していましたが、ウィリアムズ騎手が見事に折り合いを
つけて、王者の貫禄を魅せつけてくれました。
1週前に死んだサクラバクシンオーへ捧げる勝利になりました。
グランプリボスは欧州遠征を睨んでいるそうなので、これからも楽しみです。
コティリオンは外枠と出遅れが響いたのが大きく最後方から競馬となった
のが痛かったですね。賞金加算できたのでダービーで挽回を期待しましょう。
リアルインパクトは内を鋭く突きましたが、もう1歩でした。
この距離の活躍が期待できそうです。
エイシンオスマンは先行勢でよく粘りました。中1週が3連続の
♪ヘビーローテーション♪でもこなせるスタミナには感心しました。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

天皇賞回顧

最強世代4歳馬のがずらりと勢揃いした今年の天皇賞
出走頭数も10頭、人気も中心でした。
前日から雨が降ったり止んだりの天気で、芝は稍重でした。
1人気 トゥザグローリー 京都記念、日経賞とGUを連勝。狙うは頂点
2人気 ローズキングダム ジャパンC馬。近走は3着続きだが、今度こそは真の1着を。
3人気 エイシンフラッシュ ダービー馬。大阪杯は中身の濃い3着で復活の気配。

フォゲッタブル、ナムラクレセント出遅れ。
ハナはゲシュタルト、ビートブラック、ペルーサ続く
先団 ヒルノダムール、トゥザグローリーが掛かる。
   ローズキングダムも掛かる。コスモヘレノス、
中団 ナムラクレセント、マイネルキッツ、エイシンフラッシュ
   ジェントゥー、マカニビスティー、ジャミール
後方 オウケンブルースリ、コスモメドウ、トーセンクラウン、トウカイトリック

ゆっくりと4コーナーを廻ってスタンド前へ
コスモヘレノスがスローペースに耐えかねて先頭へ
1000m通過は 1:04.2のスロー
1コーナーへ向かうとトゥザグローリーが抑えきれずに先頭へ
2コーナーを過ぎると外から一気にナムラクレセントが上がり、4度目の先頭交代。
2000m通過も 2:08.7 ペースは上がらず(逃げ馬不在のためか?!)
トゥザグローリー、マイネルキッツ、ローズキングダム
コスモヘレノス、ペルーサ、
ヒルノダムール、ビートブラック、外エイシンフラッシュ。フォゲッタブルが上がっていく

3コーナーの坂を上がって下り、4コーナーへ向かう。
先頭はナムラクレセント
2列目マイネルキッツ
3列目トゥザグローリー、コスモヘレノス、ローズキングダム
4列目 ヒルノダムール、ペルーサ、外フォゲッタビル、ジャミール
5列目 内マカニオビスティー、中エイシンフラッシュ

直線 ナムラクレセントが粘る。マイネルキッツが追う。
トゥサグローリーの内からヒルノダムールが突っ込む。大外からエイシンフラッシュ
ナムラクレセントに迫るのは、中ヒルノダムール、外エイシンフラッシュ
やや遅れてマカニビスティー、中ビートブラック、トウカイトリックが馬群に突っ込む。

残り80m先頭はナムラクレセント、ヒルノダムール、エイシンフラッシュが並ぶ。
ヒルビダムールがついに振り切り、ゴールイン。
エイシンフラッシュは届かず2着。ナムラクレセントは粘りきれず3着
マカニビスティー、トウカイトリックが入線しました。

                  騎手     タイム       着差    上がり3F  
1Aヒルノダムール      藤田       3:20.6              35.3
2Nエイシンフラッシュ    内田        3:20.7      1/2      35.2
3Bナムラクレセント     和田       3:20.9      1 1/2     36.3
4Fマカニビスティー     小牧       3:21.1      1 1/4     36.1
5Mトウカイトリック      川田        3:21.1     クビ     35.1

出入りの激しい競馬を制したのはヒルノダムールでした。
3歳時は皐月賞は2着でしたが、それ以後は奮わず。
秋から冬は重賞で活躍するも勝ちきれず、イマイチ君の名が定着。
大阪杯を混戦の中レコードでようやく初重賞。そこから一気に頂点に上り詰めました。
藤田騎手が2人3脚でやってきた成果がようやく実りました。
蛭川オーナーは馬主20年目で初のGT制覇。
マンハッタンカフェも春天を勝っているので父子制覇となりました。
エイシンフラッシュは復調し、ダービー馬の底力を魅せて2着でした。
後方の位置取りではややつらかったのと良馬場なら違ったかもしれません。
次こそは完全復活してくれそうです。
ナムラクレセントは古馬の意地を魅せて3着でした。
出遅れがなければ、もっといい勝負をしていたでしょう。
まるで今は無き○ー○ーオーナーズ99の先行差しに見えました。
2コーナー過ぎで先頭に立ったのは、3コーナーまでに好ポジションを取りにいった
和田騎手の好判断でした。6歳にしてのようやく本格化してきました。
4着に17人気マカノビスティー,5着に18人気のトウカイトリックが
入線したのにはビックリでした。
人気馬のトゥザグローリー、ローズキングダムは序盤で掛かってしまい
リズムを自ら崩してしまいました。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。