2011年03月27日

高松宮記念回顧

中京競馬場が改装中のため阪神で行われた高松宮記念
東北関東大震災の復興競馬として行われました。

1人気 ジョーカプチーノ NHKマイルC馬、前走シルクロードS差す競馬で圧勝。
2人気 ダッシャーゴーゴー オーシャンSを快勝。スプリンターズS降着から巻き返す。
3人気 キンシャサノキセキ 昨年の覇者。8歳の古豪だが高松宮記念史上初の連覇を狙う。

ショウナンアルバ、シンボリグランが出遅れ。ヘッドライナーがハナを切る。
ダッシャーゴーゴーが内に切り込む。ジョーカプチーノは不利を受けて後退。
先団 レッドスパーダ、キンシャサノキセキ、ワンカラット、
   ウエスタンビーナス、ジョーカプチーノ
中団 ビービーガルダン、アーバニティ、サマーウインド、サンカルロ、エーシンフォワード
後方 ショウナンアルバ、スプリングソング、シンボリグラン、サンダルフォン

ウエスタンビーナスが故障発生、下がってしまい、馬群がばらける。
600m通過は33.6ややスローか。4コーナーへ
1列目ヘッドライナー、ダッシャーゴーゴー
2列目レッドスパーダ、キンシャサノキセキ、ワンカラット
3列目ジョーカプチーノ
4列目内アーバニティ、ビービーガルダン
後方サンカルロ 

直線 ダッシャーゴーゴーが先頭。キンシャサノキセキが迫る。
遅れてヘッドライナー、アーバニティ、ビービーガルダンが追う。
サンカルロが馬群に突っ込む。

残り100m キンシャサノキセキがダッシャーゴーゴーを交わす。
社台の勝負服2頭サンカルロ、アーバニティが連れて差を詰めるが
キンシャサノキセキが振り切りゴールイン。
サンカルロ、アーバニティが入線しました。

                  騎手      タイム      着差   上がり3F  
1Cキンシャサノキセキ    リスポリ     1:07.9             34.0 
2Gサンカルロ        吉田豊      1:08.1     1 1/4     33.3
3Eアーバニティ        四位       1:08.1     アタマ     33.6  
4Kビービーガルダン    佐藤哲      1:08.2   クビ+アタマ   33.7
5@レッドスパーダ      横山典      1:08.4     1 1/2      34.5

キンシャサノキセキが貫禄の走りを魅せて完勝。高松宮記念史上初の連覇を達成。
8歳ですが、力は衰えるどころかさらに強くなっていて、
堀先生他スタッフの努力の賜物でした。
リスポリ騎手は3ヶ月に渡る日本競馬初の挑戦でしたが、大活躍の連続で
締めはGT勝利でイタリアに帰るという離れ業を見せてくれました。
来年も日本での騎乗を約束してくれたので、楽しみです。
サンカルロ、アーバニティは直線で勝負に挑みましたが、
あと一歩のところで涙を呑みました。次に期待します。

ドバイワールドカップでは日本馬がついに快挙を達成してくれました。
ヴィクトワールピサが優勝。しかも2位もトランセンド。
日本馬ワンツーを決めてくれました。
ヴィクトワールピサはスタートは最後方にいたのに、向正面で2番手に立ち、
直線トランセンドとの一騎打ちを制するという変幻自在の競馬でした。
ミルコ・デムーロの好騎乗でしたが、それに応えたヴィクトワールピサはもっと凄い。
このコンビで世界のレースに挑んで欲しいと思います。
ラベル:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。