2010年10月31日

天皇賞(秋)回顧

ドリームジャーニー、オウケンブルースリのリタイアにより、
少し寂しくなってしまった天皇賞(秋)。
今年も府中の杜にGT馬4頭を含む18頭の精鋭が集まってくれました。
前日の台風で開催も心配されましたが、当日は雨は降らず、稍重で行われました。

1人気 ブエナビスタ 言わずもがなの現役最強牝馬(4冠馬)  狙うぞ年度代表馬。
2人気 アーネストリー 古馬になってようやく本格化 札幌記念を制して、いざ勝負。
3人気 シンゲン 4回骨折しても帰ってきた屈強の戦士。府中は大得意 GT初制覇を狙う。

ペルーサが出遅れ。好スタートはオウケンサクラ、逃げ宣言のシルポートがハナへ。
先団 キャプテントゥーレ、アーネストリー、スマイルジャック、ヤマニンキングルー、エイシンアポロン
中団 アリゼオ、シンゲン、ブエナビスタ、ネヴァブション、ショウワモダン、ジャガーメイル、
後方 スーパーホーネット、ペルーサ、アクシオン

1000mのラップは、59.1 馬場的にはやや早めのペース。淀みない流れのまま、欅を過ぎて4コーナーへ
2列目 オウケンサクラ、キャプテントゥーレ
3列目 スマイルジャック、アーネストリー
4列目 ブエナビスタ、アリゼオ
後方に エイシンアポロン、ジャガーメイル、ネヴァブション、シンゲン、ペルーサ

残り400m 直線 シルポートが粘る。オウケンサクラ、キャプテントゥーレが追う。
エイシンアポロン、ジャガーメイルが切り込む。外ブエナビスタが仕掛ける。
アーネストリーも追う。
ブエナビスタの豪脚が火を吹くと一瞬で先頭へ
アーネストリーも必死に追うが差は広がる一方だ。
そしてようやく進路を見つけたペルーサが馬群を突破
ブエナビスタはセーフティーリード。スミヨンは後ろを何度も見る余裕っぷり。
離れた2着争いはオウケンサクラ、アーネストリーだが、ペルーサが物凄い末脚で追い込む。
ペルーサの勢いは凄まじく2着まで上がるが、ブエナビスタが完勝

                   騎手      タイム      着差   上がり3F  
1Aブエナビスタ        スミヨン     1:58.2            34.1
2Fペルーサ           安藤勝     1:58.5     2      33.6
3Kアーネストリー         佐藤      1:58.7    1 1/2    34.8
4Dオウケンサクラ        北村宏     1:58.9     1 1/4     35.2
5Mネヴァブション         後藤      1:58.9     クビ     34.7

ブエナビスタが人気に応えて完勝。最強馬であることを証明。
スミヨン騎手はさすがの手綱さばきを魅せてくれました。以外にも日本でのGT制覇は初です。
次走のジャパンカップも期待できそうです。
ペルーサは出遅れて、後方からの追い込みでしたが、最速の上がりで2着まで来ました。
出遅れは気象的なものでしょう。直すのは時間が掛かりそう。
出遅れはもったいないですが、これも競馬です。
アーネストリーは勝負所の勢いが足りませんでした。この後は有馬記念に進むので、期待します。
オウケンサクラは良く頑張りました。秋華賞の走りが今一つだったのですが、安心しました。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

菊花賞回顧

皐月賞馬、ダービー馬不在となったクラシック最終戦の菊花賞。
春の実力馬か上がり馬どちらが勝つのか注目が集まりました。

1人気 ローズキングダム ダービーは惜敗の2着。神戸新聞杯はダービー馬を負かしていざ本番へ。
2人気 トウカイメロディ 夏の上がり馬 北海道シリーズで3連勝。
3人気 ヒルノダムール 皐月賞は2着。札幌記念は出遅れたて4着。中身のある競馬。

ビッグウィーク好スタート。コスモラピュタがハナを奪う。
先団 カミダノミ、ビッグウィーク、ビートブラック、レーヴドリアン、ゲシュタルト、
アロマカフェ、トレイルブレイザー、ヒルノダムール
中団 トウカイメロディ、リリエンタール、ネオヴァンドーム、ローズキングダム、シルクアーネスト、
後方 ミキノバンジョー、シルクオールディー、クォークスター、最後方サンディエゴシチー

先頭コスモラピュタ1000m通過 1.01.0のややスロー
2コーナーを廻ると、コスモラピュタが後続を突き放して、その差はぐんぐん広がる。
ビッグウィークとの差は10馬身 後続は超スローペースのまま なかなか動けない状態へ。
コスモラピュタの2000m通過は2:05.5とペースが落ちる。
坂を上がっていく各馬。坂を下ると後続はスピードアップ。残り600mで4馬身差
コスモラピュタが先頭で4コーナーを廻る。
ビッグウィークがロングスパート馬場の真ん中へ。ビートブラックは内へ。
中団内ラチにレーヴドリアン、ローズキングダム。ヒルノダムールは一旦下がる。
先頭粘るコスモラピュタ。ビッグウィークが迫る。
大外からロースキングダムが伸びるが。まだ差はある。

残り100mビッグウィークが先頭。コスモラピュタが必死に粘る。
後方からビートブラック、外ローズキングダムが迫るが2着争いまでだ。
ビッグウィークが押し切ってゴールイン。

                 騎手   タイム      着差   上がり3F  
1Eビッグウィーク      川田     3:06.1            34.4 
2Iローズキングダム    武豊     3:06.3     1 1/4     33.9
3Kビートブラック      幸      3:06.3     クビ     34.4  
4Mレーヴドリアン      福永     3:06.4     3/4      34.1
5Mコスモラピュタ      津村     3:06.4     クビ     35.9

第71回菊花賞を制したのは、ビッグウィークでした。
昨年に続いて春のクラシックに縁がなかった馬が勝ちました。バゴ産馬の初のGT制覇となりました。
首の位置が高いフォームのため、未勝利を勝てずに苦しみましたが、
ネックストレッチバンドなど試行錯誤の上に7月にようやく未勝利を脱出。小倉シリーズを連勝し、
神戸新聞杯で3着でようやく菊花賞へ漕ぎ着けての急成長でした。
長浜調教師はアグネスフライト ダービー(2000)アグネスタキオン 皐月賞(2001) 
今回の菊花賞で3冠トレーナーとなりました。
川田騎手の追い出しのタイミングもお見事でした。
インタビューでスプリンターズSの降着の反省を述べたところが印象的でした。
ローズキングダムは最速の上がりでしたが、このスローペースでは位置取りが後ろ過ぎたようです。
力はつけていますから、これからが楽しみです。距離は2400mぐらいがちょうどいいですね。
ビートブラックは人気薄でしたがよく頑張りました。長い距離は合いそうです。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

秋華賞回顧

優駿牝馬の同着優勝の後の2強の対決、アパパネの3冠も掛かっていたので盛り上がっていました。
1人気 アパパネ 桜花賞、優駿牝馬 狙うのはもちろん3冠
2人気 アプリコットフィズ クイーンC、クイーンS、今度こそホントの女王になりたいw
3人気 サンテミリオン 優駿牝馬 休み明けだが、もちろん2冠目を狙う。

スタートして、サンテミリオンが出遅れ。
1コーナー廻ってアグネスワルツが単騎の逃げ 
先団 ベストクルーズ、オウケンサクラ、アプリコットフィズ、エーシンリターンズ、レインボーダリア
中団 ショウリュウムーン、レディアルバローザ、ディアアレトゥーサ、コスモネモシン、アパパネ
後方 アニメイrトバイオ、ワイルドラズベリー、アンティフリーズ、クラックシード、
   タガノエリザベート、サンテミリオン、プリンセスメモリー

アグネスワルツの単騎 1000m通過は58.5は早めのペース 
その後のベストクルーズが8馬身離れたので他の馬はスローペースの流れ
3コーナーで各馬が接近 残り600mで一塊
2列目内アプリッコットフィズ、中オウケンサクラ、エーシンリターンズ
3列目大外アパパネ
4列目中アニメイトバイオ、外ワイルドラズベリー
サンテミリオンは後方
4コーナーを廻る
アグネスワルツ粘る。内からアプリコットフィズが突っ込む。しかし大外アパパネが伸びる伸びる
その後ろからアニメイトバイオ、ワイルドラズベリーも猛追。
アパパネが残り80mで先頭。アニメイトバイオが喰らい突くが届かず、アパパネが優勝。

                 騎手   タイム       着差    上がり3F  
1Nアパパネ         蛯名   1:58.4                34.1 
2Iアニメイトバイオ     後藤    1:58.5     3/4       34.0
3Cアプリコットフィズ    武豊    1:58.6      1/2       34.4  
4Pワイルドラズベリー    池添    1:58.7      クビ       34.2
5@レディアルバローザ    幸    1:58.7      クビ       34.3

アパパネが見事に史上3頭目の牝馬3冠達成。2歳女王と併せて4冠。恐れ入りました。
陣営の見事な勝利です。蛯名騎手は凱旋門で惜しい2着でしたからその鬱憤を晴らしました。
金子オーナーはディープインパクトとアパパネで牡馬3冠、牝馬3冠という偉業を達成^^
アニメイトバイオは良く頑張りました。今回はアパパネを褒めるしかないでしょう。
エリ女で逆転目指して欲しいです。
アプリッコットフィズは最後に脚が止まってしまいましたが、先行馬ではよく頑張ってます。
1600mが合いそう^^マイルCSに進んで欲しいな。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

スプリンターズS回顧

秋のGTシリーズが始まりました。暮れの有馬記念まで皆さん宜しくお願いします。
香港から2頭参戦し、前哨戦は新戦力の台頭が見られたので、混戦ムードが高まりました。
1人気 グリーンバーディー セントウルSは59kを背負い2着。直線の追い込みは魅力十分。
2人気 ワンカラット サマースプリントチャンピオン。藤岡佑騎手も絶好調。
3人気 キンシャサノキセキ 高松宮記念を制覇し、ここを制してスプリント王を狙う。

ウルトラファンタジー好スタート。ラチ沿いを奪う。ローレルゲレイロ、ビービーガルダン
先団 ジェイケイセラヴィ、ヘッドライナー、ウエスタンビーナース、ワンカラット、アイルラヴァゲイン
中団 キンシャサノキセキ、マルカフェニックス、グリーンバーディー、ファイングレイン、ダッシャーゴーゴー
後方 プレミアムボックス、サンカルロ、サンダルフォン

600m通過33.3のスロー そのため馬群は一塊。内の馬は行き場のない状態
3コーナー 1列目ウルトラファンタジー、ローレルゲレイロ、ジェイケイセラヴィ
2列目 アイルラヴァゲイン、ワンカラット、ウエスタンビーナス
3列目 大外キンシャサノキセキ
4列目 内サンカルロ
4コーナー ウルトラファンタジーが突き放す。キンシャサノキセキは大外をぶん回し順位を上げる。
ダッシャーゴーゴーは強引に内に切り込む。サンカルロは窮屈になる。

直線先頭はウルトラファンタジー、ジェイケイセラヴィが粘る。
大外キンシャサノキセキが伸びる、内ダッシャーゴーゴーが突っ込む。その後ろにサンカルロ
ダッシャーゴーゴーが馬群を抜けてウルトラファンタジーと一騎打ち。
両者一歩も引かず、並んでにゴールイン。3番手キンシャノキセキ


                 騎手   タイム       着差    上がり3F  
1Fウルトラファンタジー   ライ   1:07.4                34.1 
2Mキンシャサノキセキ    四位    1:07.6     ハナ+1 1/4   33.9
3Bサンカルロ        吉田豊   1:07.7      1/2       33.6  
4Aダッシャーゴーゴー    川田    1:07.4     (2位降着)    33.5
5Gワンカラット       藤岡佑    1:07.7     クビ      34.1

写真判定の結果ウルトラファンタジーがGT初制覇。
ダッシャーゴーゴーはサンカルロの進路妨害で降着となりました。

ウルトラファンタジーは好スタートの後、一旦ペースを下げて有利にペースを進めたのが勝因でした。
初めてのGT制覇ですが、グリーンバーディーを倒した実力は本物。8歳ですから恐れ入りました。
キンシャサノキセキは大外を廻っての2着ですから流石の実力です。
サンカルロは4コーナーで進路をカットされたのが全てですね。
賞金加算できないのも痛いですが、次に期待です。
タグ:競馬
posted by エスカ at 23:59| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | リアル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。